プロフィール本文を引用

太字

文字色を変更、斜など


画像も入れれます

せっしゃ親方と申すは、お立合いのうちにご存知のお方もござりましょうが、お江戸をってにじゅうりかみがたそうしゅうおだわらいっしきまちをお過ぎなされてあおものちょうを登りへおいでなさるれば,らんかんばしとらやとうえもん、只今はていはつ致してえんさいと名乗りまする。

 がんちょうよりおおつごもりまで、お手に入れまするこの薬は、昔、ちんの国のとうじんういろうという人、わがちょうへ来たり、みかどさんだいの折からこの薬を深くめ置き、用ゆる時はいちりゅうずつ、かぶりの隙間より取りいだす。ってその名をみかどより、とうちんこうたまわる。即ちもじには「いただき・く・におい」と書いて、とうちんこうと申す。

 只今はこの薬、ことほかせじょうひろまり、ほうぼうにせかんばんいだし、イヤ小田原の、灰俵の、さん俵の、炭俵のといろいろに申せども、平仮名をもって「ういろう」といたしたは親方円斎ばかり。もしやお立合いのうちあたみとうの沢へとうじにおいでなさるるか、又はいせごさんぐうの折りからは、必ずかどちがいなされまするな。お登りならば右のかた、お下りなれば左側,はっぽうむね、表がむねぎょくどうづくり、はふには、菊に桐のとうごもんごしゃめんあって系図正しき薬でござる。




動画付きプロフィールも可能